日南で下半身のコンディション不良を訴えた菊池保がシート打撃で初めて打者相手に投げた。菊池や田中らと計7打席。左打者の外角にスライダーを制球する一方、自信を持つフォークは高めに抜けた。安打性の当たりは1本。「出遅れた感があったが、思った以上に普通に投げられた」とうなずいた。

...    
<記事全文を読む>