◆西武紅白戦(16日・宮崎・南郷)

 野手の新人コンビは長打でアピールした。初回1死満塁から白組のドラフト7位、佐藤(富士大)が本田から左中間フェンス直撃の先制2点二塁打。紅白戦初打席で初安打初打点をマークした。「(狙いは)真っすぐ一本で振り負けないで良かった。1本出たのはすごくうれしいし、ホッとした」と笑った。負けじと同3位の山野辺(三菱自動車岡崎)も二塁打2本。「ヒットが出たことはホッとするけど、課題もたくさんある。強く振ろうと思った。実戦で投手の球を見られて勉強になる」と汗を拭った。

...    
<記事全文を読む>