【富良野】市内でパン店を営みながらプロ野球選手養成塾「北海道ベースボールアカデミー」を主宰する出合祐太さん(35)が監督の西アフリカ・ブルキナファソ野球代表チームは14日、市内で2020年東京五輪出場に向けた合宿練習を始めた。3月15日まで練習や練習試合をこなす一方、市民とも交流する。帰国後、五輪の西アフリカ予選に挑む。

 合宿で滞在しているのは19~24歳の選手9人。渡航費や食事など滞在費用は出合さんがインターネットのクラウドファンディングで募り、目標額220万円を超す245万円を集めた。

 9人は市内にある出合さんの実家に滞在し、山部地区の市生涯学習センター...    
<記事全文を読む>