5年ぶりに選手復帰した古村が“1軍デビュー”に向けて燃えている。16日のヤクルト戦は1イニング限定での登板が濃厚。「3人で抑えるのが理想。どんなに悪い状態でも結果が全て」と強い覚悟をにじませた。

 15日はブルペンで21球を投じ、タオルを使ったシャドーピッチングで入念にフォームを確認した。7日のシート打撃では最速145キロをマークしたが、クイックモーションが安定せずに制球を乱し、「同じことをしていたら次はない」と危機感は強い。

 2軍だった2014年以来となるベイスターズキャンプは、当然ながら景色が違う。「グラウンドに...    
<記事全文を読む>