主将は焦らずじっくりと、シーズン開幕を目指す。左内転筋の肉離れを発症した中田は、2次キャンプ初日を別メニュー調整で過ごした。患部に負担を掛けないよう、ウオーキングや体幹トレーニングを実施。「そういうものにみっちり時間を掛けられる。いい時間にしたい」。複雑な感情を胸にしまい、前を向いた。

 中田は米アリゾナキャンプ中の韓国NC戦で負傷。実戦復帰に3週間を要するが、順調に回復すれば3月29日の開幕戦は間に合う見込みだ。「そこに合わせてしっかりトレーニングがしたい。今は、できることをじっくりやるよ」と気丈に振る舞った。今後も1軍に帯同しながら、リハビリに励む予定。離脱期間を無駄に...    
<記事全文を読む>