プロ野球の読売巨人の1軍が13日、春季キャンプのため沖縄入りした。

 那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で歓迎式が開かれ、県出身の大城卓三(首里中―東海大相模高―東海大出)や原辰徳監督、菅野智之投手を一目見ようと来場者は熱い視線を送った。

 歓迎式で原監督は「このキャンプでしっかり鍛えて、日本一に向け、ウチナー魂を持って帰りたい」と力を込めてあいさつした。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>