千葉ロッテは11日、沖縄県石垣市での1軍キャンプを打ち上げた。雨のため室内練習場で汗を流し、正午ごろに全体練習を切り上げた。選手会長の鈴木が「この先は必ず厳しいことがあると思うが、勝つことだけを考えて頑張っていきましょう」とあいさつして手締めを行った。

 井口監督は「初日に紅白戦を行って、非常に選手の仕上がりが早かった。実戦を中心に若い選手がチームの底上げをしてくれた。100点に近い数字」と手応えを語った。1軍メンバーに入り続けたドラフト1位新人の藤原(大阪桐蔭高)は実戦練習でまだ無安打。プロのレベルの高さを感じて「もっとできるかなと思っていた」。それでも「やったことのない...    
<記事全文を読む>