西武のドラフト1位松本航投手(22)=日体大=が10日、宮崎・南郷キャンプで初の実戦形式となるシート打撃に登板し、昨季パ・リーグMVPの山川穂高内野手(27)から見逃し三振を奪った。打者5人に対し、被安打は1。最速144キロをマークしたが、自己採点は50点とやや辛めの“デビュー戦”となった。

 金子侑、金子一をともに中飛に仕留め、山川を迎えた。「胸を借りるつもりで投げた。楽しみというより緊張でした」。3球目のカットボールで山川が膝をつくほどの空振りを誘って追い込むと、143キロ直球でバットを振らせなかった。

 「(3球目の)フルスイングは...    
<記事全文を読む>