ドラフト3位の山野辺(三菱自動車岡崎)が実戦形式で“プロ初安打”を放った。シート打撃で平井のスライダーを引っ張り、三塁線を破った。二塁を狙ったが、タッチアウト。「バットに当たって良かった。一打席一打席が勝負。実戦でアピールしたい」。本田からは左肩付近への死球を受けたが、元気いっぱいだった。

...    
<記事全文を読む>