東北楽天ゴールデンイーグルスの藤田(鳴門市出身)は新たな気持ちで15年目のシーズンに向け、調整を進めている。今季、同じ二塁手の浅村がフリーエージェント(FA)で西武から加入。本職の二塁から遊撃に回り、キャンプ中の守備練習に意欲的に取り組んでいる。「どのポジションでも、試合に出るのが一番」と意気込む。

 二塁手としてゴールデングラブ賞に3度、ベストナインに2度選ばれた守備の名手だが、昨季は90試合に出場して打率2割6分6厘だった。打撃成績を上げようと練習では鋭い打球を飛ばし、巧打を見せている。

 チームは昨季、最下位に沈み、巻き返しを狙う。36歳のベテランとして「...    
<記事全文を読む>