西武の外崎修汰(富士大)が8日、二塁の位置で今キャンプ初めて特守としてノックを受けた。昨季は外野での出場が多かったが、正二塁手だった浅村が楽天に移籍したことで今季は二塁での準備を進めている。1時間以上、1人でノックを受け続け「下半身がきつい」と疲れ果てた表情だった。

 併殺打のときのフットワークの向上などを意識して臨んだという。「特守では意外と思ったようにプレーできている。あとは実戦でできるようにしたい」と話した。

 

...    
<記事全文を読む>