西武の内海哲也投手(36)が8日、広島の長野久義外野手(34)のサプライズ訪問を受けた。キャンプ休日だった長野が、西武のキャンプ地南郷に姿を見せ、内海のブルペン投球を見守った。

 ともに昨季まで巨人に在籍し、FA移籍の人的補償として内海は西武、長野は広島に移った。内海がブルペンで投げ込むと、長野は「ボールじゃね。高いって」と声をかけた。

 ブルペン投球を終えると、ガッチリ握手を交わし、二人そろって記念撮影にも応じた。内海は「(訪問は)サプライズでびっくりしました」。長野は「(内海の球は)打てそうだなと思いました」と話すなど再会を喜んだ。


...    
<記事全文を読む>