沖縄県の石垣島でキャンプ中のプロ野球、千葉ロッテマリーンズの新人9選手が休日の6日、竹富島を訪れて水牛車を体験した。ドラフト1位新人の藤原恭大選手は「水牛はパワーがすごくて、(道の)カーブもしっかり曲がっていた。すごく楽しかった」と笑顔を見せた。

 新人たちは快晴の中、同島名物に約30分間乗車。ガイドの説明を聞きながら、リラックスした表情で古い民家が残る路地を回った。ドラフト6位の古谷拓郎選手=習志野高出=は「水牛は(壁などに)ぶつからないし、賢いなと思った」、同育成1位の鎌田光津希選手=横芝敬愛高、敬愛大出=は「面白かった。水牛車に乗って街を散歩するのはなかなかない経験」...    
<記事全文を読む>