キャンプで2度目のプルペン入りとなった吉田輝。周囲は高評価も自身は納得せず

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が5日、沖縄・国頭の2軍キャンプで2度目のブルペン入り。50球を投げ込み、メジャースカウトや首脳陣から高評価を受けた。それでも本人は「あんまり良くない状態だと思う」と不満顔。本調子を取り戻すため、貪欲に修正を続けていく。

 明らかに、前回2日のブルペン投球よりも進歩していた。荒木2軍監督兼投手コーチ、加藤2軍投手コーチは揃って「前回よりは全然いい」と評価。米大リーグ・フィリーズの大慈彌スカウト(環太平洋担当部長)も「指にかかった直球は則本(楽...    
<記事全文を読む>