3日、1軍の久米島野球場では岸投手が3日続けてブルペン入りし、佐藤投手テクニカルコーチとフォームを確認した。則本昂、ハーマン、美馬の3投手も投げ込んだ。昼食時間には特打があり、銀次と田中が30分ほど打ち込んだ。
 今キャンプ初のサインプレーの練習も行われ、投手、捕手、内野手がバントシフトやけん制、重盗時の守備練習に取り組んだ。平石監督は「想像していた通りのミスがあった。4日以降も重点的に練習していきたい」と話した。

☆熱血平石語録
<どんどん攻めろ>
 「打撃がいい意味でシンプルになってきた。今年が大事な年になる。どんどん攻めてもらい...    
<記事全文を読む>