西武の山川穂高(富士大)が2日、宮崎県日南市でのキャンプで昨季のパ・リーグ本塁打王の実力を見せつけた。フリー打撃で43スイング中、18本の柵越え。その後もロングティーでひたすら大飛球を打ち続け「飛ばしてなんぼと思っている」と平然と言ってのけた。

 練習では全球本塁打狙い。「本塁打を打つことが調整」と言い切り、外野スタンド奥に設置された防球ネットに次々と打球を当てた。練習では連続して柵越えを打つことを重要視するそうで、この日は最高で4連発。「連発している時はゾーンに入っている。あれが大事」とうなずいた。

 リーグ連覇と、11年ぶりの日本一を目指すチームにとって今季...    
<記事全文を読む>