007に「ワタル警報」! 西武のドラフト1位の松本航投手(22)=日体大=が2日、今キャンプで初めて捕手が座った状態でのブルペン投球を行った。直球のみ31球。力強い球を森のミットに収め、他球団スコアラー陣の視線をくぎ付けにした。

 「キャッチャーが森さんで審判(球審)もいたので緊張した。フォームを意識して投げた」。最速155キロ右腕がベールを脱いだ。初めて松本航の球を受けた森は「ボールの重さもあるし、スピン量もある。真っすぐが強かった」と評した。

 さらに警戒を最大限に強めたのが、西武と開幕カードを戦うソフトバンクの007。竹口昭憲先乗りスコアラーが「真っすぐの...    
<記事全文を読む>