プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグのオセアン滋賀ユナイテッドは一日、大津市御陵町の皇子山球場室内練習場で、今季初の合同練習をした。成本年秀新監督の下、二十一人の選手が汗を流した。

 この日は、投球、打撃、守備などをバランス良く練習。昨年、夏の甲子園を沸かせた近江高の金城登耶投手や山田竜明内野手ら、新加入選手も監督やコーチからアドバイスを受けながら、練習に取り組んでいた。

 参戦二年目の昨季は、リーグ西地区五チーム中で、最下位に終わった。成本監督は「バッテリーを中心に守備を固めたい。リーグ戦で結果を残し、滋賀の人に少しでも喜んでもらいたい」と抱負を語った。<...    
<記事全文を読む>