バレーボールVリーグ1部のV1は20日、金沢市のいしかわ総合SCなどで行われ、女子で西地区5位の岡山シーガルズは東地区6位のPFUを3―1で下した。トップリーグでは2014―15年シーズン以来となる3連勝で、通算5勝8敗(勝ち点16)とした。

 シーガルズは居村、高野らのサーブとブロックで主導権を握り、第1セットを圧倒。第3セットこそ接戦で落としたが、渡辺、佐々木らサイドの攻撃が安定し快勝した。

 西地区でプレーオフ進出圏内の4位東レはトヨタ車体に、前日の日立戦に続いてフルセット勝ちし8勝5敗。勝ち点22に伸ばし、5位シーガルズとの差は6とな...    
<記事全文を読む>