バレーボールVリーグ男子1部の大分三好ヴァイセアドラーは20日、静岡市の草薙総合運動場体育館で8位のFC東京と対戦し、惜しくも2―3で敗れ、2連勝はならなかった。通算成績は3勝15敗(8点)で順位は9位のまま。
 大分三好は26日、東京都の大田区総合体育館でサントリーサンバーズと対戦する。

「内容ある試合」
 8位FC東京との今季2度目の対戦に臨んだ大分三好。リーグ終盤に向けてポイント差を詰めたい直接対決だったが、あと一歩及ばなかった。ただ1ポイントを得たことは収穫で、小川貴史監督は「チームの戦い方が完成しつつある。内容のある試合だった」と前向...    
<記事全文を読む>