上昇機運に乗る東レが、FC東京をストレートで下した。昨年内のリーグ戦で7位に低迷したが、センター李がけがから復帰した12月の全日本選手権で準優勝、年明けのリーグ再開後は4勝1敗と上位を猛追している。星野主将は「まだ物足りない。もっと良くなる」と貪欲だ。
 約1週間前、ベテランのセンター富松が両脚のアキレス腱(けん)痛で離脱。代わって先発した高橋が強打で6得点、ブロックで2得点と役目を果たした。「使ってもらったらがむしゃらにやるだけ。富松さんの穴を埋め、それ以上になれたら」。謙虚な語り口に、定位置奪取の意欲をにじませた。
 2年目の高橋は筑波大時代、日本代表の石川、柳...    
<記事全文を読む>