リーグ首位の久光製薬は第2セットを落とす展開で、途中出場の選手が流れを引き寄せた。地元兵庫での2連戦の初戦を白星で飾り、主将の岩坂は「チームスポーツ。誰にでも調子に波はあるので、助け合ってリーグ優勝を目指す」と、団結を強調した。

 1-1で迎えた第3セット、酒井監督の交代策がはまった。ウイングスパイカー今村に代えて投入した野本が躍動。第2セット途中から入ったチーム最年長のセッター古藤も機能して、5連続ポイントで一気に主導権をつかみ、指揮官も「プレーを立て直してくれた」と満足げに振り返った。

 昨年末の全日本選手権で2大会ぶりに王座を奪還...    
<記事全文を読む>