バレーボール男子Vリーグ1部(V1)は5日、広島県立総合体育館などで5試合を行い、VC長野トライデンツはジェイテクトに1―3で敗れた。12連敗となったVC長野の通算成績は1勝13敗の勝ち点3。順位は10位(最下位)のまま。

 VC長野は第1セットをキセレフや栗木の得点で先取し、初勝利を挙げた第2戦以来のセットを奪った。しかし、第2セット以降は、日本代表のアタッカー西田を軸としたジェイテクトの攻撃に押され、3セットを連取された。

 VC長野は6日午後3時から同体育館で3位のJTと対戦する。

...    
<記事全文を読む>