第74回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会「イランカラプテくしろさっぽろ国体」は30日に開幕して北海道の釧路市春採アイスアリーナなどで競技が始まり、フィギュアのショートプログラム(SP)少年男子は昨年11月の全日本ジュニア選手権を制した壺井達也(愛知・中京大中京高)が82.45点で首位に立った。12月の全日本選手権6位の鍵山優真(神奈川・六角橋中)が79.22点で2位につけた。

現地で結団式
 スピードスケートに出場する本県選手団は30日、北海道釧路市で行われた開始式に臨み、夕方には選手が宿泊する市内のホテルで現地結団式を行い健闘を誓った...    
<記事全文を読む>