第74回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会は30日、北海道釧路市のコーチャンフォー釧路文化ホールで開始式が行われ、開幕した。

開始式では和歌山、鳥取、山口、高知を除く43都道府県の旗が南から順に入場。本県は36番目に登場し、平昌五輪5位のスピードスケート成年男子の小田卓朗(開発計画研究所)が旗手を務めた。

第1日はフィギュアスケートとアイスホッケーが行われた。県勢はフィギュアスケート少年女子ショートプログラムに出場し、松下紗千(東京・新渡戸文化高)は18位で31日のフリーに回ったが、岡部季枝(同)は31位でフリーに進めなかった。...    
<記事全文を読む>