◇浜名湾長水路選手権

 萩野公介(ブリヂストン)と瀬戸大也(ANA)が26日から2日間、浜松市で開かれた浜名湾長水路選手権で今年の初対決に臨んだ。小学生時代から競い合う2人は互いを意識しつつ、本格化するシーズンに向けて準備を進めている。

 隣同士のレーンで泳いだ27日の男子400メートル個人メドレー。2016年リオデジャネイロ五輪で萩野が金メダル、瀬戸が銅メダルを獲得した「主戦場」の種目だが、この日は瀬戸の勢いが光った。4分9秒25で優勝。リオ五輪時の4分9秒71を上回る好タイムだった。

 瀬戸は「公介に『良い感...    
<記事全文を読む>