スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップは27日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われ、女子は昨季ワールドカップ(W杯)総合優勝を果たした21歳の野中生萌(XFLAG)が初の日本一となった。男子は22歳の石松大晟(Base Camp)が唯一の3完登で初優勝した。
 女子で12度目の優勝を目指した野口啓代(TEAM au)は野中と同じ3完登だったが、課題(コース)途中のボーナスに当たるゾーン獲得数で下回り2位。2017年大会覇者の伊藤ふたば(同)は3位だった。
 男子は、楢崎智亜が2位、4連覇を狙った藤井快=浜松日体高出=(ともにTEAM au)は6位...    
<記事全文を読む>