アイスホッケーアジアリーグは27日日光霧降ほかで3試合を行い、プレーオフ(PO)進出を決めている4位の日本製紙は7位日光に3―2で競り勝ち、3連勝でレギュラーリーグを終えた。日本製紙は2―2で迎えた延長2分すぎ、FW上野が決勝点を決めた。6位の王子は首位デミョンに2―4で完敗した。

...    
<記事全文を読む>