ワールドカップ(W杯)日本大会を9月に控えたラグビーの魅力を知ってもらおうと、「ラグビーパークin横須賀」と題したイベントが26日、横須賀モアーズシティ(同市若松町)で開かれた。

 決勝戦がある横浜市以外でもW杯の機運を高めようと、県が主催。県立横須賀高校ラグビー部員によるタックルやパスなどのデモンストレーションのほか、W杯の魅力を話すトークイベントなどが行われた。

 人工芝を敷いた特設会場では、来場者による体験も。同校部員らが声援を送る中、ボールを持った子どもたちが次々と部員にタックルし、トライを決めた。

 同校ラグビ...    
<記事全文を読む>