神戸市も開催都市となる今秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に合わせ、同市が中央区のメリケンパークに設けるファンゾーン内に、元日本代表監督の故平尾誠二さんの功績を伝える「平尾誠二パーク」(仮称)の整備を検討していることが26日、分かった。日本選手権7連覇など神戸製鋼の黄金期を築いた「ミスターラグビー」の足跡を広く発信し、神戸から大会の盛り上げを図る。(石沢菜々子) W杯日本大会は9月に開幕し、全国12都市で熱戦が展開される。神戸では、ノエビアスタジアム神戸(同市兵庫区)で1次リーグ4試合が行われる。

...    
<記事全文を読む>