昨年12月に15シーズンぶりのトップリーグ(TL)制覇、18シーズンぶりの日本選手権優勝を果たした神戸製鋼ラグビー部の選手やスタッフが26日、神戸市中央区脇浜町2の南宮宇佐八幡神社を訪れ、日本一奪還の報告とお礼参りをした。

 ワールドカップ(W杯)日本大会を控えて昨季のTLは試合数を減らし、決勝トーナメント準決勝以降は日本選手権を兼ねて実施。神鋼は元ニュージーランド代表で世界的なスター、ダン・カーター選手らを中心に順調に勝ち上がり、決勝では3連覇を狙った王者サントリーを大差で破った。

 神鋼神戸本社のすぐ北にある同神社は古くから同社の氏神とされ、選手らはシーズン...    
<記事全文を読む>