アメリカンフットボール日本選手権(第72回ライスボウル)で3連覇を遂げた富士通フロンティアーズの優勝祝勝会(川崎市主催)が23日、川崎アゼリアサンライト広場(川崎駅東口地下街)で開かれた。市内出身の趙翔来選手をはじめ、選手・スタッフ計22人が登場。福田紀彦市長からスポーツ特別賞のガラス製の記念品などが贈られた。

 史上2チーム目となる4連覇と、さらにその先を期待する福田市長は「前人未到の地に駆け上がってもらいたい」と激励。主将の宜本潤平選手は「連覇を伸ばしていけるように頑張るので、応援お願いします」と応え、約200人のファンが温かな拍手を送った。
<記事全文を読む>