卓球の2016年リオデジャネイロ五輪男子シングルス銅メダリストの水谷隼(29)=木下グループ=は20日、20年東京五輪を最後に日本代表を引退する意向を表明した。全日本選手権の男子シングルスで優勝後「日本代表としてプレーするのも来年が最後だと思う。引き際としては悪くない」と語った。
 東京五輪の男子シングルスの代表は来年1月の世界ランキングで日本勢上位2人が選ばれ、団体戦要員となる3人目は強化本部の推薦で選出される。現在、張本智和(エリートアカデミー)丹羽孝希(スヴェンソン)に次ぐ3番手の水谷は「(次の目標は)東京五輪に出場する権利を獲得すること」と話した。
 男子シ...    
<記事全文を読む>