アイスホッケーアジアリーグは20日、釧路日本製紙ほかで2試合を行い、4位の日本製紙は3位ハルラに1―2で競り負け、レギュラーリーグ本拠地最終戦だったが、3連敗となった。

 先制された日本製紙は第2ピリオドに高見のゴールで追い付いたが、延長で勝ち越しを許した。ハルラは2位に浮上し、上位5チームによるプレーオフ(PO)進出を決めた。

...    
<記事全文を読む>