【釧路】今季限りで廃部となるアイスホッケー・アジアリーグの日本製紙クレインズ(釧路市)は20日、本拠地の同市内の日本製紙アイスアリーナでレギュラーリーグホーム最終戦のアニャンハルラ(韓国)戦に臨んだ。延長の末に1―2で敗れたものの、観客は最後まで戦い抜いた選手たちに大きな声援を送った。

 同日の観客数はホーム戦では今季最多の2233人。第3ピリオド開始前には、ほぼすべての観客が立ち上がり、最後の20分間に向けて「頑張れ」などと選手を励ました。敗れた瞬間はスタンドからため息がもれたが、会場はこの後、あたたかな拍手に包まれた。

...    
<記事全文を読む>