フットサルのFリーグは20日、今季から新設された2部(F2)の全日程が終了し、ボアルース長野が11勝3敗の勝ち点33で初優勝した。この日は神戸市で最終第14節の残り1試合を行い、首位のボアルース長野を勝ち点差3で追っていたYS横浜がデウソン神戸に1―3で敗れた。

 ボアルース長野は2月23、24日に東京・駒沢屋内球技場で1部(F1)最下位チーム(各チームの若手主体の選抜チームを除く)との入れ替え戦2試合に臨む。2勝するか、1勝1分けや1勝1敗でも得失点差で上回れば1部昇格が決まる。

...    
<記事全文を読む>