日本体操協会は19日、2018年の年間表彰を東京都内で行い、新体操の松原梨恵(ALFA、県岐阜商高出)と鈴木歩佳(日体大、大垣日大高出)が優秀選手、天野晴代コーチ(イオンリテール、岐阜女大出)が優秀指導者に選ばれた。松原と鈴木は、新体操女子日本代表「フェアリージャパン」の主力メンバー。世界選手権では、種目別フープでの銀メダル獲得に貢献した。松原は「メンバー1人1人がチームの一員という自覚を持って戦った」、鈴木は「プレッシャーも感じたが、練習を積んで自信を持って臨んだ」と振り返った。

 最優秀選手として体操の世界選手権女子個人総合で日本初の銀メダルに輝いた村上茉愛(日体大)を...    
<記事全文を読む>