九月に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会はオンラインでの一般向けチケットの先着販売が十九日に始まった。全四十八試合のチケットが売り出されて開始直後には十万人以上が購入待ち状態となり、日本代表戦の一次リーグ四試合など今回の販売分が売り切れる試合が続出した。

 大会組織委員会によると、日本代表戦は約一時間で売り切れたという。決勝トーナメント全試合、東日本大震災の被災地で新設された岩手県の釜石鵜住居復興スタジアムや埼玉・熊谷ラグビー場で行われる試合なども今回用意したチケットがなくなった。

 今回の販売期間は三月三十一日までで、五月に再開する。国際統括団体...    
<記事全文を読む>