三十日から北海道釧路市で開幕する「国民体育大会冬季大会スケート競技会」に出場する県選手団の結団壮行式が十八日、富山市の県民会館であった。

 選手や監督ら選手団七人が出席。スピードスケートの湯浅儀紀監督が米山隆団長から県旗を受け取った。県教委の渋谷克人教育長が「県代表としての誇りを胸に力と技を発揮してほしい」と激励した。選手団を代表してショートトラック成年女子の上野理絵選手が「練習の成果を発揮し、県民に感動を伝えられるように精いっぱい、力の限り競技する」と謝辞を述べた。

 大会は二月三日まで。県選手団はスピードスケート、ショートトラックの二競技に三人の選手が出場す...    
<記事全文を読む>