男子シングルスで王座奪還を狙う水谷は、得意のフォアハンドを武器に順当に勝ち上がった。8強入りし、「良いパフォーマンスができた」と納得の表情だった。
 学生チャンピオンの及川(専修大)との5回戦は、序盤から積極的に攻め2ゲーム連取で優位に進めた。6回戦の上田(岡山リベッツ)には、1ゲーム目を先取される苦しい立ち上がり。だが、2ゲーム目を取り返して追い付き、「気持ちに余裕ができた」と果敢に前に出た。一気に3ゲームを奪い逆転した。
 大島とのコンビで連覇を狙うダブルスも安定した強さを見せつけ4強入り。19日の準決勝で昨年シングルス覇者の張本、木造(愛知工大)組と対戦する。...    
<記事全文を読む>