アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは16日、日光霧降アイスアリーナで2位のサハリン(ロシア)と対戦し、延長戦の末に1-2で競り負けた。通算成績は、13勝17敗の勝ち点36で順位は7位のまま。

 バックスはGK龍翔太郎(りゅうしょうたろう)が先発出場。第1ピリオドはキルプレーをしのいだ直後にサハリンの素早いパス回しに翻弄(ほんろう)され、6分43秒に失点。シュート数でも6-11と圧倒された。

 第2ピリオドも序盤から押し込まれたが7分24秒、FW寺尾裕道(てらおひろみち)のアシストを受けたFW田中健太郎(たなかけんたろう)が同点ゴール。その後は...    
<記事全文を読む>