安曇野市は十四日、五輪女子マラソンのメダリスト有森裕子さん(52)を講師に招いた小学生向けのランニング教室を、同市穂高の穂高総合体育館で開いた。有森さんは同市の魅力発信やスポーツ振興などに協力するスポーツ大使で、六月の委嘱後、大使として初めて活動した。

 有森さんは、一九九二年のバルセロナ五輪で銀、九六年のアトランタ五輪で銅メダルを獲得。同市では二〇一五年から信州安曇野ハーフマラソンに、毎年ゲストランナーとして招いていることなどから、市がスポーツ大使に委嘱した。

 この日は、市が三月に開く子ども駅伝大会に向けた練習会に位置付け、同大会に参加する市内の小学一~六年...    
<記事全文を読む>