第37回県中学校選抜ハンドボール大会最終日(14日・金沢市総合体育館=北國新聞社後援)決勝トーナメントが行われ、男子は寺井が2年ぶり2度目、女子は芦城が5年連続10度目のそれぞれ優勝を果たした。
 男子の寺井は決勝で御幸に27―26で競り勝った。同点に追い付かれた後、残り33秒で和泉柊成が決勝シュートを決めた。
 女子の芦城は寺井を22―17で破った。紺谷利紗が166センチの身長を生かし、前半に4得点、後半に7得点を挙げる活躍を見せた。
 寺井と芦城は3月23~27日に氷見市で開催の第14回全国中学生選手権に出場する。

...    
<記事全文を読む>