14日に開幕する全豪オープン(メルボルン)で、住友ゴム工業(神戸市中央区)の「ダンロップ」ブランドのテニスボールが、日本メーカーでは四大大会で初めて公式球に使用される。神戸で開発されたボールが、錦織圭選手や大坂なおみ選手ら世界のトップ選手の熱戦を支える。

 ダンロップのテニスボールは国内シェア55%で1位、世界でもシェア13%(同社推計)で3位。男子のプロテニス協会(ATP)のワールドツアーでは3割に当たる約20大会で採用されているという。

 全豪では長らく米ウィルソン社製が使用されてきたが、住友ゴムは主催団体が新たな協力企業を探しているとの情報をつかみ、開発を...    
<記事全文を読む>