18歳以下によるアイスホッケー女子のU18世界選手権第5日は12日、帯広の森アイスアリーナほかで行われ、2戦先勝方式の1部残留決定戦第2戦に臨んだ日本はチェコを2―1で下し、今大会初勝利を挙げた。13日午後1時からの第3戦に勝てば、日本の残留が決まる。

 日本は1点を追う第2ピリオド2分すぎ、FW園家(帯広レディース)がシュートリバウンドをたたいて追いついた。第3ピリオド5分すぎにFW伊藤(ダイシン)が勝ち越し点を奪い、逃げ切った。

...    
<記事全文を読む>