日本ハンドボールリーグ女子の飛騨高山ブラックブルズ岐阜(高山市)が、活動資金をクラウドファンディングで募っている。目標額は百二十万円で、二月二十八日までの達成を目指す。

 寄付金は、インターネットサイト「FAAVO(ファーボ)飛騨・高山」で受け付ける。一口千円からで、金額に応じて選手のサイン入りブロマイドや高山ラーメンなどが返礼品としてもらえる。最高額の二万円を寄付すると、実際に選手が着用したユニホームが贈られる。

 企業などの母体を持たないブルズは、活動資金を県の補助金や複数企業からの協賛金などに頼る。だがシーズンを戦い抜く十分な額は確保できておらず、遠征時の...    
<記事全文を読む>