アイスホッケーアジアリーグは9日、釧路日本製紙ほかで2試合が行われ、2位日本製紙は首位デミョンに敗れ、勝ち点差を6に広げられた。日本製紙は1―3で迎えた第2ピリオド10分すぎ、FW池田のゴールで1点差としたが、その後3連続失点した。3位ハルラも敗れたため順位は変わらず。

...    
<記事全文を読む>