全日本スキー連盟(SAJ)B級公認第59回県スキー選手権アルペン競技会第1日は8日、八幡平市の八幡平リゾート下倉スキー場で男女の回転が行われ、男子は阿部健汰(東経大2年、岩手高)が初優勝を飾り、女子は畠山睦美(専大4年、平舘高)が4年ぶりに頂点に返り咲いた。阿部は1回目40秒34、2回目はB級公認の県外勢を含む全体のラップタイムの44秒05をマーク。合計1分24秒39で逆転勝ちした。畠山は1回目42秒78、2回目46秒80の合計1分29秒58で、2位に4秒余りの大差を付けた。K2(中学1年から高校1年早生まれ)は男子が高橋大虎(だいご)=北上・和賀西中3年=が2連覇、女子は鈴木杏(一関...    
<記事全文を読む>