レスリング女子で五輪三連覇を含む十六大会連続世界一に輝き、二〇一二年に国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里(36)=至学館大職=が八日、自身のツイッターで現役引退を表明した。吉田は「三十三年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」と投稿。十日に東京都内で記者会見する。

 津市出身の吉田は三歳でレスリングを始め、一四年三月に亡くなった父・栄勝氏の指導で力をつけた。〇一年に中京女子大(現至学館大、愛知県大府市)に進み、栄和人氏に師事。高速タックルを武器に〇二年の世界選手権で初優勝した。五輪では女子が正式種目となった〇四年のアテネ大会から三連覇した。

...    
<記事全文を読む>