アイスホッケーアジアリーグは8日、今季限りで廃部が決まっている日本製紙が首位デミョンに競り勝った。昨年12月の廃部発表後初勝利。連敗を3で止め2位に浮上した。第3ピリオド12分すぎ、キルプレーからFW重野のゴールで1―1に追いつき、最後はペナルティーショット(PS)戦を制した。

...    
<記事全文を読む>